東京都で値段が上がりそうな物件の特徴

東京都で上がりそうな物件は、大きく分けて以下の3つです。

再開発エリアにある物件

再開発エリアでは、オフィスビルや商業施設、住宅などが新たに建設され、周辺の利便性や価値が向上します。そのため、再開発エリアにある物件は、資産価値の向上が期待できます。

都心部やその周辺にある物件

都心部やその周辺は、交通アクセスが良好で、商業施設や娯楽施設が充実しているため、居住ニーズが高いエリアです。そのため、都心部やその周辺にある物件は、資産価値の下落リスクが低いと考えられます。

駅近物件

駅近物件は、通勤や通学、買い物など日常生活の利便性が高く、需要が高いため、資産価値の向上が期待できます。また、駅近物件は、賃貸需要も高く、空室リスクが低いこともメリットです。

具体的なエリアとしては、以下が挙げられます。

再開発が進むエリア:西新宿、渋谷、新宿、六本木、虎ノ門、銀座など
都心部やその周辺:千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、品川区、目黒区など
駅近物件:JR山手線内、東京メトロ銀座線内、東京メトロ丸ノ内線内、東京メトロ東西線内など

もちろん、物件の立地や築年数、周辺環境などによって、資産価値の向上度合いは異なります。そのため、物件を購入する際には、十分に検討することが大切です。

関連記事

  1. 【人気】売地!千葉県佐倉市上志津 実測 252.72㎡ほか

  2. 北海道の玄関は2つある!?

  3. 中古物件を最小限リフォームすればめっちゃお得です。

  4. 【人気】売地!千葉県佐倉市上志津

  5. 断熱に最適な建築方法

  6. 2024年新築物件はかいどきか、AIに聞いてみた。

最近の投稿