北海道の玄関は2つある!?

北海道の玄関がふたつある理由は、主に以下の2つが挙げられます。

冬の寒さを防ぐため

北海道の冬は、非常に寒くなります。そのため、玄関を2つにすることで、外気の影響を受けにくくなり、室内を暖かく保つことができます。

土間や雪室などのスペースを確保するため

北海道では、靴やコートを脱いだり、雪を落としたりするための土間や、雪を保存するための雪室などのスペースが、玄関に設けられていることが多いです。そのため、玄関を2つにすることで、これらのスペースを確保することができます。

具体的には、以下のような玄関がよく見られます。

表玄関と裏玄関

表玄関は、主に家族や友人などの来客用として使用されます。裏玄関は、主に土間や雪室などのスペースとして使用されます。

玄関と勝手口

玄関は、主に家族や友人などの来客用として使用されます。勝手口は、主に食材やゴミなどの出し入れ用として使用されます。

玄関と納戸

玄関は、主に家族や友人などの来客用として使用されます。納戸は、主に収納スペースとして使用されます。

北海道の玄関がふたつあることは、北海道の寒い気候や生活スタイルを反映したものです。

関連記事

  1. 照明のスイッチの位置確認不足の失敗談!そのあとずっと後悔します。

  2. 折れ戸の活用がその後の住み心地を変えます。おすすめです。

  3. 収納がもう少し欲しかった!業者には思いを全部伝えよう!後悔は残ります!

  4. 床材は色々調べて場所に的確な物を選びましょう!

  5. トイレの数を増やせばよかった!建築予算はゆとりをもって!ギリギリだと追加工事ができない!

  6. 2世帯だと靴箱は大きくしないと到底足りない!テレワーク用の個室も欲しかった!

最近の投稿