折れ戸の活用がその後の住み心地を変えます。おすすめです。

年齢:60歳
家族の人数:2人家族
現在は、妻と二人での持ち家での生活です。

おウチのこだわったところを教えてください!

トイレのリフォームですが、全体的に白を基調に、入り口のドアをホワイトオークの木目が入った色とし、両側の壁は白いクロス、奥の壁を淡いパステルブルーのアクセントカラーにしています。

どうすれば真似できますか?

トイレは、一般にある程度のスペースに限られると思いますが、リフォーム業者さんと話したところ、壁側を明るい白にして、天井部分をクリーム色のような暗めの白にすると、部屋自体が広く見えて、アクセントカラーを入れるとお洒落になるということでしたので、やってみました。実際のスペースよりも広く感じるトイレになりました。

これから住まいを考える方へワンポイントアドバイスをお願いします

トイレもそうですけれど、ドア部分は一般の開きドアよりも、折れ戸を設置した方が、廊下の出入りのスペースや、隣の部屋とのドアの接触等を避けることができるという意味でお勧めです。
勿論、開きドアより折れ戸の方が、何割り増しかコストがかかるので、予算をみての話になりますが、リフォーム後も長く住むことを考えると損はないと思います。

関連記事

  1. 収納がもう少し欲しかった!業者には思いを全部伝えよう!後悔は残ります!

  2. 網戸は生活するときに便利なアイテム!後からつけるのは大掛かりなケースも!

  3. 玄関の段差にもう一段!バリアフリーは将来の安全対策に!

  4. ペニンシュラキッチンで家族の会話が増える!部屋が広く感じる!

  5. 軽量鉄骨の優れたポイントを紹介!

  6. 注文住宅は時間にゆとりをもってしっかり考えましょう!

最近の投稿